英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第200回(最終回) オリンピックのボランティアはいかが?

御園和夫の会話に役立つ英単語

第200回(最終回) オリンピックのボランティアはいかが? <<前のページ

正解: (1) 2 volunteers  (2) 3 domestic

【ポイント】

(1) 「ヴォランティア」の正しいつづり字はvolunteerです。最後の音節が強く言われます。「志願者;有志」という意味です。

(2) 「国内の」はdomesticです。

【オーラルプラクティス】 次の英語を声に出して言ってみましょう。

(1) I hear about eighty thousand volunteers will be needed for the 2020 Olympic and Paralympic Games.
  「うわさでは、約8万人のボランティアが必要になるそうですね、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに」

(2) One volunteer is worth two pressed men.
   「進んでやる一人は強いられてやる二人分の価値がある」
  (もと英国で海兵募集に用いられたことば)

(3) About ten million domestic and foreign visitors are expected to visit Tokyo.
   「一千万人くらいの国内および海外の訪問者が東京に来ると予想されています」


ひとこと

 2012年のロンドンオリンピックの時には6〜7万人のボランティアが活躍しました。外国からの訪問者とコミュニケーションを取るとなると、そう、やはり英語でしょう。まだ5年あるので、それまでに必要な英語力を身に付けましょう。


About eighty thousand volunteers will be needed for the 2020 Olympic Games.
「うわさでは、約8万人のボランティアが必要になるそうですね、2020年の東京オリンピックに」


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ