英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第126回 ぎりぎりセーフ!

御園和夫の会話に役立つ英単語

第126回 ぎりぎりセーフ! <<前のページ

正解: (1) 2 nick   (2) 2 rattled

【ポイント】

(1) 「ぎりぎりで;あやうく間に合って」はin the nick of timeです。nickはもともと(木や金属などの表面に時刻・目印のために刻み付けた)刻み目」という意味です。
3 tick「かっちかっち(時計などの音)

(2) 「混迷させる」はrattleです。「(鎖、瀬戸物などを)がらがらいわせる」ですが、口語では「あわてさせる;混迷させる」という意味でも用いられます。
1 hustle「乱暴に押す;急がせる」、3 settle「(問題・困難などを)解決する」

【オーラルプラクティス】 次の英語を声に出して練習してみましょう。

(1) The bill passed just in the nick of time.
    「法案がまさにぎりぎりで通りました」

(2) The result would have rattled the world economy.
    「その結果は世界経済を混迷させたことでしょう」

(3) Tom, stop the window rattling.
    「トム、窓のがたがたいうのを止めてよ」


ひとこと

 世界経済を混乱させるような重大法案が可決されてほっとしています。でも、これも、手放しでは喜べないようです。グローバル化で世界が狭くなると一か所での問題が全世界に影響を及ぼすことが多くなってきました。Peace!




  The bill passed just in the nick of time.
  「法案がまさにぎりぎりで通りました」


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ