英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第98回 方向感覚を失なって…

御園和夫の会話に役立つ英単語

第98回 方向感覚を失なって… <<前のページ

正解: (1) 2 seedy   (2) 1 bearings

【ポイント】

(1) 「怪しげな;いかがわしい」はseedyです。「みすぼらしい」という時にも使えます。
   tardy「遅れた;遅い」

(2) 「方向感覚がわからなくなる;自分の位置を見失う」は lose one’s bearingsです。
   bearingsは「方向;進路」という意味です。
   stray into 〜「〜に迷い込む」、destination「目的地;行先」

【オーラルプラクティス】 次の英語を声に出して練習してみましょう。

(1) He strayed into a seedy part of town yesterday.
    「彼は町の怪しげなところに迷い込んだ、昨日」

(2) We stayed in a seedy little hotel.
    「我々はみすぼらしい小さなホテルに泊まった」

(3) I lost my bearings on the way back to the hotel.
    「ホテルへ戻る途中で方向が分からなくなった」


ひとこと

 外国の街並み散歩は楽しいものですが、道に迷ってしまい、方向感覚を失う(lose one’s bearings)とあわてますね。特に、日が暮れてきて、人通りも少なくなってきた、なんて時はご用心。




 I lost my bearings and strayed into a seedy part of town.
  「方向感覚を失って、町のいかがわしいところに迷い込んだ」


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ