英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第83回 これ、食べれる?

御園和夫の会話に役立つ英単語

 単語の力は英語の力、と言われるくらい、英語では語彙力がものを言います。ただ単語を覚えるのではなく、常に、コミュニケーションに役立つ、使える、という目線でまいります。ご期待下さい!

第83回 これ、食べれる? 次のページ>>

 一昔前だと、「これ、食べれる?」などと言うと、「食べれる」でしょ、などと直されたものです。ですが、いつの間にか、いわゆる、「抜きことば」が認知されてきています。

【問題】  次の会話を、空所に適語を入れて、完成させましょう。下の語群と日本語訳も参考に。

イラスト<日本語を学習している外国人と日本人の会話>

A: Most young Japanese say ‘tabereru’ for ‘taberareru’. Where has ‘ra’ gone?
B: The habit has made (     ) into the young people’s speech almost unnoticed.

A: たいていの若い日本人は「食べられる」を「食べれる」と言います。「ら」はどこへ行ってしまったんでしょう。
B: その習慣が若い人たちの話し方に侵入してきたんです、いつの間にか。

語群: insiders, breakouts, inroads


解答と解説

過去の連載「御園和夫の英語面白楽習」   過去の連載「御園和夫の異文化英語」

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ