英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第40回 手遅れです

御園和夫の会話に役立つ英単語

第40回 手遅れです <<前のページ

正解: (1) something  (2) treatment

【ポイント】

(1) 「なんとかする」はdo somethingです。なお、hurtは「痛む」です。
(2) 「治療(treatment)を施すには遅すぎる」、つまり、「手遅れです」ということ。なお、treatmentには、他に「取り扱い;待遇」という意味もあります。

【練習1】 次の英語を声に出して言ってみましょう。

(1) It’s too late for treatment.
    「手遅れです」

(2) He received emergency treatment in the nearest hospital.
    「彼は最寄りの病院で応急処置ををしてもらった」

(3) My left knee hurts.
    「左のひざが痛むんです」

【練習2】 次の英語を声に出して言ってみましょう。

(4) Please do something, Doctor.
    「なんとかしてください、先生」

(5) Maybe I can do something.
    「多分なんとかしてあげられると思います」


ひとこと

 「手遅れです」とお医者さんから言われたらショックでしょうね。大昔のお医者さんは、ちょっと手に負えないとなると、このせりふを言ったとか。なんとかしてよ、って返したくなりますよね。




  It’s too late for treatment.
  「手遅れです」


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ