英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の会話に役立つ英単語 > 第15回 デザートもいろいろ

御園和夫の会話に役立つ英単語

第15回 デザートもいろいろ <<前のページ

正解:   (1) deserted (アクセントは第2音節)     (2) desert (アクセントは第1音節)  
  (3) dessert (アクセントは第2音節)  

【ポイント】

(1) 「見捨てる;(任務などを)放棄する」はdesertです。後ろの音節を強く言います。こでは過去形になります。なお、この動詞に’er’を付けるとdeserter(脱走兵)となります。

(2) 「砂漠」はdesertです。つづりは(1)と同様ですが、発音は前を強く言います。2か所に用いられています。

(3) アイスクリームなどの「デザート」はdessertです。つづりにはsが2つあります。また、発音は、後ろを強く言います。2か所に用いられています。
この他に、第2音節を強く発音するdesertには「(通例複数で)当然の報い;功績;長所」という意味もあります。

【練習1】 次の英語を声に出して練習してみましょう。

(1) He deserted his post.
    「彼は持ち場を捨てた」

(2) Have you eaten any dessert at the Desert of Gobi?
    「ゴビ砂漠でデザートを食べたことがありますか」

(3) A deserter doesn’t deserve to eat dessert, even in the desert.
    「脱走兵はデザートを食べるに値しない、たとえ砂漠でも」
    (注:deserve 「〜に値する」)」

【練習2】 次の英語を声に出して練習してみましょう。

(4) How would you like your dessert?
    「デザートはいかがですか」

(5) You will get your deserts, if you do such a thing.
    「当然の報いを受けることになりますよ、そんなことをすると」


ひとこと

 同じdesertという語でも、前を強く発音すると「砂漠」(ザート)という名詞に、後ろを強く言うと「捨てる」(デート)という動詞になります。発音によって意味が変わってくるというところが重要なのです。英語は「音」です。さらに、同じ「デート」でも、つづりにsが2つになると、食後の「デザート」になります。混同しないようにしっかり使えるように覚えてください。




 How would you like your dessert?
 「
デザートはいかがですか」

 Do you want to eat dessert in the desert?
 「
デザートを砂漠で食べたいのですか」


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ