英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のわくわく英会話 > 第18回 そんなことだろうと思った

御園和夫のわくわく英会話

第18回 そんなことだろうと思った


なんとなく予想していたことが、やはりその通りになった時に「そうだろうと思った」というような場合がよくあります。そういう状況でのコミュニケーションです。

 

 

問 題

 

次の空所に、「語群」@〜Bより最適のものを1つ選びなさい。日本語訳も参考にしてください。

 

クラスメートのユウキが宿題を忘れて、なにやらケンに頼んでいるようです。

 

YUKI

I forgot to do my math homework. Let me copy yours.

 

KEN

I thought ( 1 ).

 

 

  • @ as much
  • A as such
  • B so that
  •  

    ボタンをクリックしてください。正解は〜?

     

    <日本語訳>

    ユウキ:「数学の宿題やるの忘れちゃったんだ。君のを写させてよ」
    ケン:「そんなことだろうと思った」

     

     

     

    解答と解説

     

    正解: @ as much

     

    「そんなことだろうと」はas much.です。「(先行する文の内容を受けて)それくらい」という意味。

     

    注)
    do one's homework「宿題をする」、yours「あなたのもの」

    A as such「そういうものとして;それなりに」

    B so that「そのため」

     

     

     

    使えるコミュニケーション表現

     

    I thought as much.
    「そんなことだろうと思ったよ」

     

     

     

    まとめ

     

    宿題をやってくるのを忘れたからって、友達のを写すのはダメでしょう。「宿」、つまり、家でこなす「題」だから「宿題」ですよね。それを手っ取り早く他人に頼るとは言語道断!などと言いつつも、ついついその場をしのぎをしてしまうもの。

     

    でもいけません。「宿題」はhomeworkですが、大学などでの宿題はassignmentが普通です。「割り当て」という意味です。君の割り当ては君がやらないとね。

     

    次回もお楽しみに!

     

     

    主な登場人物

     

    <御園和夫先生の過去の連載>

    御園和夫のおもてなし英語  御園和夫の会話に役立つ英単語

    御園和夫の英語面白楽習  御園和夫の異文化英語

     

    プロフィール

    御園和夫(みその・かずお)

    関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
    長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


    リストページへ ページトップへ