英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第179回 名乗りを上げる

御園和夫のおもてなし英語

第179回 名乗りを上げる

Answer : (1) B hat  (2) A board

Commentary

(1)「名乗りを上げる」は(throw one’s) hat (in the ring)です。throw one’s hat in the ringは、もともとは、ボクシング用語です。現在では政治分野でよく使われます。

(2)「まんべんなく」はacross the boardです。元々は競馬用語です。「(職場の)全員を含んで;全体一律に;全域にわたって」という意味です。

注)
do the groundwork「根回しをする」


Useful Expressions

1) How can I throw my hat in the ring for the election?
「どうしたらしその選挙に名乗りを上げられますかね」

2) You should do the groundwork across the board.
「根回しをしておいたほうがいいですよ、まんべんなく」


Comment

 政治の分野ではいろいろと名乗りを上げたい人が多いようです。出たい人より出したい人を、なんて標語もありますね。名乗りはしかるべき人に上げてもらいたいものです。皆さんの周りには…名乗りを上げたい人のほうが多い?! ま、バランスの問題でしょうかね、これも。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ