英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第146回 手に職を付けて、ゼロからスタート!

御園和夫のおもてなし英語

第146回 手に職を付けて、ゼロからスタート! 

Answer : (1) @ trade  (2) C scratch

Commentary

(1) 「手に職を付ける」はlearn a tradeです。trade「職業;仕事」

(2) 「ゼロから」はfrom scratchです。scratchは「引っかく」という意味で普通は用いられます。他に、この語は、もともとボクシングの試合で、リング中央の試合開線を表し、(競争の)スタートライン」、つまり、ゼロの意味があります。

注)
permanent「永久的な」
vocational「職業の」(<vocation)
leaflet「チラシ広告」
A paw「(犬、猫などの)前足」
B love「(主にテニスで)ラブ;0点」


Useful Expressions

1) I want to learn a trade so that I can get a permanent job.
「手に職を付けて定職に就きたいんです」

2) Anyone can start from scratch, anytime, anywhere.
「誰もがゼロからスタートすることができます、いつでも、どこでも」


Comment

 何かごちゃごちゃして、分からなくなっときはゼロからスタートするとこんがらかった糸がほぐれます。本屋さんの店先にも『ゼロからのスタート ○○編』というようなタイトルの本が並んでいます。ですが、この種の本は往々にして中身はややニュアンスが違って、途中から結構専門的になったりするものです。『最初から』を期待したのに…。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ