英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第138回 空き家

御園和夫のおもてなし英語

第138回 空き家 

Answer : (1) @ vacant  (2) B derelict

Commentary

(1) 「空き(家)」はvacant (house)です。「空き家」は他にempty house, unoccupied houseなどとも表現されます。

(2) 「廃墟になった」はderelict [ラリクトゥ]です。「(船・家屋など)見捨てられた;荒廃した」という意味です。derelict houseで「空き屋」を意味します。

<参考> a derelict bicycle 「放置自転車」

注)
A vexed「いらだった;怒った」
C stunning「美しい;驚くべき」


Useful Expressions

1) There are more vacant houses in our area these days.
「私たちの地域では空き家が増えています、このところ」

2) The number of derelict houses has increased due to aging and declining population.
「廃墟になった家(空き家)の数が増えています、高齢化や人口減少によるものです」


Comment

 近所に空き家が増えると、さびしくなるのと、安全面でも心配ですね。一方で若い人は自分の家が欲しいはずです。うまいマッチング方法があるといいですね。地域にはいろいろな世代の人たちが住んでいるのが理想です。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ