英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第129回 被災者の役に立つならば 

御園和夫のおもてなし英語

第129回 被災者の役に立つならば

Answer : (1) B shunning  (2) C up

Commentary

(1) 「〜したがらない;さける」はshunです。

(2) 「喜んで〜する」は(be) up (for) 〜です。口語用法で用いられます。

注)
A scam「だまし取る」


Useful Expressions

1) Today's Japanese young people are shunning this type of work.
「今の日本の若い人たちはこの種の仕事をやりたがりません」

2) I'm up for it if this work helps to the victims of the heavy rain.
「私は喜んでやりますよ、この仕事が被災者の役に立つなら」


Comment

 被災地でのボランティア活動はとても大変です。特に猛暑の中での作業は体力を消耗します。被災された方々が一番大変ですが、後片付けなどに奉仕してくれる人たちには頭が下がります。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ