77 第127回 剣道 | 御園和夫のおもてなし英語 | 100万人の英語
英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第127回 剣道 

御園和夫のおもてなし英語

第127回 剣道 

Answer : (1) C gear  (2) B helmet

Commentary

(1) 「剣道着」の「着」はgearです。「道具、用具;(特定の用途のための)衣服、服装」

(2) 「面」に相当するのはhelmetです。

注)
protective gear「防具」、‘men' or helmetでのorは「即ち」の意味。gauntlet「手首から上部が広がっていて腕の一部を覆う長さの手袋;籠手(こて)」

<参考>
「釣り道具」fishing gear、「登山用具」climbing gear
@ armor「よろいかぶと」


Useful Expressions

1) I'm interested in kendo gear.
「剣道着に興味があります」

2) There are four kinds of protective gear—‘men' or helmet, ‘do’ or breastplate, ‘tare’ or waist armor and ‘kote' or gauntlets.
「4種類の防具があります―頭にかぶる『面』、胸当ての『胴』、腰にたらす『垂れ』、それに、手に付ける『籠手(こて)』です」


Comment

 英英辞典にも‘kendo’は載っています。世界最高峰の英語辞典『オックスフォード』では次のように定義されています。
”a Japanese form of fencing with two-handed bamboo swords, originally developed as a safe from of sward training for samurai”
(日本流のフェンシングで、両手で持つ竹刀を用いる。元々は侍(さむらい)の訓練用に刀の安全な形として発達した物)
剣道も世界的です。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ