英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第121回 潮干狩り

御園和夫のおもてなし英語

第121回 潮干狩り

Answer : (1) C clamming  (2) B digging

Commentary

(1) 「潮干狩り」はclammingまたはshell gatheringです。clam「ハマグリなどの二枚貝」

(2) 「潮干狩りを楽しむ」、即ち「貝を掘ることを楽しむ」は(enjoy) diggingです。「〜するのを楽しむ」はenjoy 〜ingです。enjoyはto不定詞は取りません。

注)
At this time of the year「毎年この時期に」
low tide「干潮」なお、「満潮」はhigh tide。
@ clambake「海浜ピクニック」(海浜で焼きはまぐりなどを食べるパーティー)


Useful Expressions

1) I went clamming, shiohigari.
「潮干狩りに行ってきました」

2) At this time of the year we enjoy digging clams at low tide.
「毎年この時期に、引き潮の時に潮干狩りを楽しみます」


Comment

 潮干狩り(calming。または、shell gathering)はたぶんどなたも経験したことがあるはずです。日本の風物詩の一つですね。潮の引いた浜辺で貝を掘りますが、あの姿勢は結構疲れます。とれた貝を味噌汁の具に入れるとはまぐり、いえ、はまりますね。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ