英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第114回 富士山

御園和夫のおもてなし英語

第114回 富士山

Answer : (1) @ greet  (2) C object

Commentary

(1) 「拝む」、つまり、「朝日にあいさつする」はgreetです。

(2) 「対象」はobjectです。強いアクセントは第1音節にあります。第2音節を強めると動詞の「反対する」になるので注意を。

注)
A impart「(知識・情報などを)伝える」
B epicure「美食家;グルメ」


Useful Expressions

1) I'd like to climb Mt. Fuji and greet the sunrise from the top.
「富士山に登って、山頂からご来光を拝みたいんです」

2) Mt. Fuji has been an object of worship since early times.
「富士山は崇拝の対象となっています、大昔から」


Comment

 富士山の頂上からご来光を見るのはさぞ素晴らしいでしょうね。富士登山で問題になっているもののひとつは、マナーを守らない登山者が多い、ということです。もっとも、これは外国人だけに限ったことではありません。ところで、日本人の何パーセントくらいが富士山の頂上まで登ったことがあるんでしょうね。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ