英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第111回 けしからん!

御園和夫のおもてなし英語

第111回 けしからん!

Answer : (1) C unpardonable  (2) @ go looking for

Commentary

(1) 「許せん!」はunpardonableです。pardon「許す」の派生語です。

(2) 「〜を自分で探しに行く」はgo looking for 〜です。

注)
keep A waiting「A(人)を待たせる」、the authorities「当局」
A lurking (<lurk「待ち伏せする;潜む」)
B unabsorbable「吸収力のない」(<absorb「吸収する」)


Useful Expressions

1) Outrageous! (= Of all the impertinence!)
「けしからん!」

2) Don't go looking for trouble.
「トラブルの種を自分で探しに行くようなことはおやめなさいな」

3) You'll dig your own grave.
「自分の墓穴を掘ることになりますよ」


Comment

 誰でも待たされるのは気持ちのいいものではありません。でも、だからといって、まわりにあたってもねえ。「待てば海路の日和あり」(Everything comes to him who waits. / Slow but steady wins the race.)なんて言うじゃないですか。 自分からトラブルの種を探しに行く必要はありません。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ