英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第107回 蕎麦(そば)をすする

御園和夫のおもてなし英語

第107回 蕎麦(そば)をすする

Answer : (1) B slurping  (2) A suck up

Commentary

(1) 「すする音」はa slurping soundです。slurp「(飲み物・流動食を)音を立てながら口に吸いこむ;音を立てて飲食する」

(2) 「すすり上げる」はsuck upです。

<参考文>
Slurping soba not only cools them down but maybe it makes them taste better somehow.
「蕎麦をすするのは蕎麦をさますばかりでなく、蕎麦をおいしくするのでしょう、なんとなく」


Useful Expressions

1) When we Japanese eat soba we make a slurping sound.
「私たち日本人は蕎麦を食べる時に、すする音を立てます」

2) We do suck up noodles.
「私たちはまさに蕎麦をすすり上げるんです」


Comment

 確かに食事中はなるべき音をたてないようにするほうが、多くの国の文化では歓迎されるでしょうが、日本の蕎麦はすする際に音が出ます。これを、音をたてないようにそおーっとすするのでは、蕎麦を食べている感じがしませんし、またおいしくないですよね。どうどうと、ズ、ズーっといきましょう。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ