英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第23回 銭湯

御園和夫のおもてなし英語

第23回 銭湯

Answer : (1) B like  (2) @ shared bath

Commentary

(1) 「〜のような」はlikeです。What is he like?「彼はどのような人ですか」

(2) 「共同浴場」はshared bathです。share「共有する」

注: evitalize「生き返らせる;改築する」、bathing facilities「入浴施設」、A as well as B「BのみならずAも」

<参考文>
The cost of Sentou is reasonable, set at 460 yen for people 12 or older in Tokyo.
「銭湯の使用料は妥当で、12歳以上は460円に設定されています、東京では」


Useful Expressions

1) What is it like?
「それはどんなようなものですか」

2) Sentou is a traditional Japanese shared bath.
銭湯とは伝統的な日本の共同浴場です」


Comment

 銭湯の数は昔に比べて激減しています。これも時代の流れでしょうか。1997年には全国で16,866軒あったのが、2013年には4,542軒に減少しているとか(厚生労働省調べ)。ところで、真っ裸で他人と一緒に風呂に入るという習慣は外国では珍しいでしょうね。外国のスパーは水着を着用していますもんね。まさに裸のお付き合い。距離感が違います、日本の銭湯は。


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ