英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫のおもてなし英語 > 第1回 参加することに意義がある

御園和夫のおもてなし英語

第1回 参加することに意義がある

The most important thing in the Olympic Games is not winning but ( 1 ); the essential thing in life is not ( 2 ) but fighting well.

Answer : (1) C taking part  (2) A conquering

Commentary :

(1) 「(〜に)参加する」はtake part [in 〜] (=participate [in 〜])です。

(2) 「征服する」はconquerです。
@ take care〜「〜に気を付ける」。別れ際に「じゃ、お大事に」という場面でも‘Take care!’のように使えます。B compete「競う」。なお、(1)、(2)とも、構文はnot A but B(AではなくてBである)です。


  クーベルタンの言葉として有名な「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することである」は、実は彼の創作ではないそうです。英米両チームのあからさまな対立により険悪なムードだったロンドン大会(1908年)中の日曜日、礼拝のためにセントポール大寺院に集まった選手を前に、主教が述べた戒めの言葉でした。

 「オリンピックの理想は人間を作ること、つまり参加までの過程が大事であり、オリンピックに参加することは人と付き合うこと、すなわち世界平和の意味を含んでいる」と考えていたクーベルタンはこの言葉に感動し、イギリス政府主催の晩餐会でこの言葉を引用して「人生にとって大切なことは成功することではなく努力すること」という趣旨のスピーチを行いました。以後、オリンピックの理想を表現する名句として知られるようになりました。


Useful Expression

The most important thing in the Olympic Games is not winning but taking part.
「オリンピックで最も大切なことは、勝つことではなくて、参加することである」

Comment

 IOC (the International Olympic Committee) 「国際オリンピック委員会」の規則でもあるオリンピック憲章(the Olympic Charter)をのぞいてみると「オリンピック通」になれるかも!? 「参加することに意義がある」…って、わかっちゃいるけど、やっぱり「金」!?


←戻る

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


リストページへ ページトップへ