英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 英語でインターネットをどれくらい使えますか?

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  英語でインターネットをどれくらい使えますか?
あなたのインターネット英語はどれくらい? 役立つ単語や表現を覚えて、さらにに上級ネットユーザーになりましょう!

Netiquette 

これは Internet Etiquette(インターネット・エチケット)という言葉からきていて、インターネットを使う上でのマナーのことです。

Netizen

これはInternet(インターネット)とcitizen(市民)に由来しています。インターネットを四六時中使っている人のあだ名です。

Surf the web 

インターネット上でウェブサイトを色々見て回ることです。

Search engine

ウェブサイト上であなたが探したい情報を探せるように提供しているシステムです。

FAQ

これはFrequently Asked Questionsの略語です。「よくある質問」のことです。

Emoticons

これは絵文字やキャラクターのことでsmileysとも呼ばれます。Eメールやメッセンジャーなどで感情を表すために使われます。例えば、ハッピーは「:-)」、悲しかったら「:-(」です。

Cyberspace

これはコンピューターネットワークを通して様々な情報源を手に入れることができる場所を意味します。同じような表現ではCybercafeやインターネット・バーなどがあります。

Flame

これは侮辱や非難するという意味です。Don't flame me for giving my opinion.(自分の意見を言ったからって私を非難しないで)

Spam

これは未承諾Eメールを意味します。(大抵は広告メール)junk-mailとも呼ばれます。

Abbreviations

Netizensの中では一般的な共通用語に略語を使うのが流行っています。 BTW- By The Way(ところで)/ FYI - For Your Information(ご参考までに)/IMO - In My Opinion(私の意見では)/LOL- Laughing Out Loud /Lots Of Laughs.(大笑い) などです。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ