英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 英語の敬語表現

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  英語の敬語表現
 英語にも敬語はある!丁寧な言い方を学ぼう。

Can you pass me...? vs Give me... 

 大抵の人は命令口調を嫌がります。ですから、何かを頼む際は相手に対して失礼にあたらないようにしましょう。命令口調に聞こえる、例えば "Give me the newspaper"(新聞取って)よりもお願いするように聞こえる"Can you pass me the newspaper?"(新聞を取ってもらえる?)の方がいいでしょう。

Could you give me five minutes? vs Go away.

 仕事で手が離せないとき、同僚があなたに頼みごとをしてきました。でも、あなたは今は他のことをする余裕がありません。 "Go away"(どっかに行って)と言うのは失礼にあたります。その代わり、誰もが嫌な思いをしない言い方として、"Could you give me five minutes?"(5分待ってもらえる?)がいいでしょう。

Excuse me. vs Move.

 ぶつかりそうな相手に"Move out of the way"(ちょっとどいて)と言うのは、とても失礼で相手を傷つける言い方となります。次回、誰かとぶつかりそうになった時には、"Excuse me"(すみません)と言いましょう。お互い嫌な気分にはなりません。

I'm afraid I can't. vs No.

 友人からの誘いを断るときにも気を使いましょう。"No"(いやだ)とだけ言うのは、失礼になります。誘いを断らなくてはならないときには、"I'm afraid I can't."(残念だけど、行けないよ)の方が丁寧です。

I would like... vs I want...

 実は、"I want"(・・・したい)と言うことは、少々失礼にあたるのです。 ウェイターに"I want a cup of coffee"(コーヒーを1杯ほしい)と言う代わりに "I’d like a cup of coffee, please"(コーヒーを1杯いただけますか)と言ってみましょう。きっとコーヒーだけでなく、ウェイターの笑顔ももらえるでしょう!

Would you mind...? vs Stop it

 誰かがあなたの気に障るようなことをしているとき、それをやめさせるために、"Stop talking on your phone in the cinema!"(映画館内での電話はやめろ!)と叫ぶより、丁寧に"Would you mind not using your phone in the cinema, please?" (映画館内で電話を使用するのは、やめてもらえますか?)と言った方が相手も納得しやすいでしょう。

Can you hold, please? vs Wait.

 電話対応の際に、言い方を間違えると相手を不快にさせ、その後の会話にも影響がでることがあります。電話口で誰かにつなぐ際には、"Wait"(待って)などとは決して言わないように。その代わりに "Can you hold, please?"(少々お待ち下さい)と丁寧に言うといいでしょう。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ