英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > きちんと英語あいさつ: 冠婚葬祭

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  きちんと英語あいさつ: 冠婚葬祭
 

 人生を左右する出来事には、それぞれの状況に合った言葉があり、それらを適切に使うことが必要です。悲しい出来事の場合には、相手を癒し、追悼の意を表す言葉が必要ですし、おめでたい出来事の場合は、心から祝福の言葉を述べることが必要です。今回は、こういった特別な出来事があったときの言い回しをご紹介します。


結婚式

 二人の人間が、tie the knot(結ばれ)て、結婚するというのは、もちろんうれしい知らせ。こんなときには、"Congratulations!"(おめでとう!)と祝福の言葉を掛けてあげましょう。また、結婚式に参加したり、祝電を打つときには、"I wish you the best of happiness in the years to come."(末永くお幸せに)も付け加えるとよいでしょう。

誕生日

 この日については、 "Happy Birthday!"(誕生日おめでとう!)というシンプルな言葉だけで十分です。また、誕生日の主役である birthday boybirthday girl に、"Are you doing anything special to celebrate?"(何か特別なことをしてお祝いするの?)と、誕生日会に特別なことをするかどうか尋ねるのも一般的です。また、西洋の文化では、その人の誕生日に、あなたがその友人を夕食に招待したりどこかに連れて行ったりすることが一般的で、その逆は例外的であることも覚えておきましょう。それから、誕生日だからといって年齢を聞くのは、避けた方がいいでしょう。やはり気にする人がいるものですからね。

出産

 新しい小さな人生が始まったとき、bundle of joy (たくさんの幸せの束)が地上に落ちてきました。そんな幸せなベビーのご両親には、ぜひ"Congratulations!"(おめでとう!)と言ってあげてください。まだ、性別を聞いていなかったときは、"Is it a boy or a girl?"(男の子? 女の子?)と聞いてみて下さい。また、写真を見たときには、"She's adorable!"(本当に愛くるしいわ!)とか、 "He's so cute!"(本当にかわいい!)とか、 "She takes after her mother!"(母親似だね!)という表現があります。

病気お見舞い

 病気で苦しんでいるとき、心のこもった"How are you feeling?"(具合はいかがですか?)といったお見舞いの言葉には、心が癒されるものですよね。また、"Take care of yourself"(お大事になさってね)や、"Get well soon!"(早くよくなってね)、 "I hope you feel better soon!"(早くよくなるといいわね!)などは、軽い病気のときによく使われるお見舞いの言葉です。深刻な病気で苦しんでいる方へのお見舞いの言葉としては、"My thoughts and prayers are with you."(あなたが早くよくなられるよう、心からお祈りし申し上げます)がいいでしょう。

お悔やみ

 あなたの周りの誰かが大切な人を亡くしてしまわれたら、その方は当然、大きな心の痛みを抱えています。そういったデリケートな状況では、"I'm so sorry to hear about the loss of your loved one (father/mother/brother, etc.)"(○○が亡くなられてしまったこと、心からお悔やみ申し上げます)という言葉でお悔やみを伝えましょう。また、"If there is anything I can do for you, let me know."(何かできることがあれば、おっしゃってくださいね。)と付け加えてあげるのもよいでしょう。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ