英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > オンザロックで? バーでのTop10英会話

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  オンザロックで? バーでのTop10英会話
 マルガリータとマティーニの違いは知っていますか? もし、バーテンダーから"On the rocks,sir?(オンザロックでよろしいですか?)と尋ねられたら、どのように答えますか? バーでの飲み物のオーダーを英語でする際の表現を見てみましょう。

On the rocks

  これは、飲み物に氷をいれる、という意味です。例えば I'll have a whisky on the rocks. (ウィスキーをロックでお願いします)

Single or Double?

  これは、ショット数や、アルコールの量を示します。ちょっと強めのお酒が欲しい場合には、バーテンダーに、 Make it a double. (ダブルで作って下さい)と言うことができます。

Spirits

  これはアルコール度数の高いお酒を指します。例えば、vodka(ウォッカ)、 rum(ラム)、 gin(ジン)、 whisky(ウィスキー)、 brandy(ブランデー)、 tequila(テキーラ)などです。

Straight

 これは、氷もノンアルコールドリンクを何も足していないお酒のことです。

Mixer

 Mixer(ミキサー)は、ソーダや、コーラ、オレンジジュースなど、お酒に混ぜて混合酒を作るための、ノンアルコールドリンクのことを指します。

Tab

  これは、その日の晩に支払うべき勘定のことです。 run a tab (つけにする)こともできるし、ウェイトレスに、 Put the drinks on my tab. (飲み物はぼくにつけておいて下さい)と言うこともできます。

Happy hour

 これは、バーがドリンクを通常より安く売る時間帯(必ずしも1時間とは限らない)を指します。例えば: Happy hour is from 6pm to 8pm. (ハッピーアワーは、6時から8時の間です)

Cocktail

 混合酒の事です。有名なものに、Martini(マティーニ)、 Margarita(マルガリータ)や、Pina Colada(ピナコラーダ)などがあります。

It's my round

 多くの西洋諸国では、一人が一緒に飲んでいる人のドリンクを順番に支払っていくことがよくあります。支払いの時、全員の分を払う人は、It's my round!(これは僕/私の番!)と言います。

Draft

 バーでビールを注文する場合、缶ビールや瓶ビールはもちろんdraft(生ビール)を注文することも可能です。その場合は、drawn from a cask or tap(樽だしで)と言いましょう!

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ