英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 英文メールでの“ありがとう”の表現 トップ10

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  英文メールでの“ありがとう”の表現 トップ10
 顧客や上司、同僚などに感謝の気持ちをうまく伝えられますか? 誰でも感謝の気持ちを伝えられるとうれしいものです。自分のためにしてもらったことや、これからしてもらうことに感謝の気持ちを伝えましょう! 基本的な表現でも、相手の努力に心から感謝する言葉を組み合わせれば、うまく表現できます。

[英文メールの書き始め ]

 まず、冒頭でお礼の気持ちを伝えましょう。相手はあなたの気持ちに感謝し、以後の話の展開もスムーズになります。これから相手に何かお願いをする場合には特に不可欠です。

Thank you for contacting us.

 あなたの会社のサービスについての質問に返信する際には、このセンテンスで書き始めましょう。あなたの会社へ興味を持ってくれたことへの感謝の気持ちを表現するのです。

Thank you for your prompt reply.

 顧客や同僚がすぐに返信してくれた際には、まずその迅速な対応に感謝の気持ちを伝えましょう。すぐに返信してもらえなかった際も“prompt”を省略すればOKです。また、“Thank you for getting back to me.”も同様に使えます。

Thank you for providing the requested information.

 あなたの質問に対して相手が丁寧な内容で返信してくれた際には、このフレーズを使って相手の誠意を評価しましょう。

Thank you for all your assistance.

 相手があなたの助けとなるように何か努力してくれた際には、大いに感謝しましょう! 相手がしてくれたことの内容も表したいときには次のセンテンスのカッコ内を置き換えて使いましょう。“I truly appreciate (… your help) in resolving the problem.”

Thank you raising your concerns.

 たとえ、顧客や上司からのメールがあなたの仕事について懸念を表明する内容であったとしても、まずは感謝の意を伝えましょう。自分への評価を真摯に受け止める気持ちを表現できます。“Thank you for your feedback.”を使うのもいいでしょう。

[締めの表現]

 メールの冒頭で感謝の表現は、相手のすでになされた行為に対する感謝を表す傾向があるのに対し、メールの最後の部分での謝意は、これからしてもらうことに対する感謝を表現する傾向があります。前もって感謝の気持ちを伝えることにより、相手からよりポジティブな反応を期待できます。

Thank you for your kind cooperation.

 相手に何か援助をお願いするときには、前もってお礼を述べておくとよいでしょう。

Thank you for your attention to this matter.

 上記と同様に、このセンテンスは相手がこれから行う援助行為に対して感謝の気持ちを表すことができます。

Thank you for your understanding.

 何か不都合、不利益となることをメールの相手と共有した場合にはこのフレーズを使いましょう。

Thank you for your consideration.

 新しい就職先を探す時など、相手に利益を求めたり、機会を与えてもらうようお願いをする際には、このセンテンスで本文を締めくくりましょう。

Thank you again for everything you've done.

 メールの最後の部分で使われるこのセンテンスは、上記のセンテンスとは若干異なります。この表現は、すでに文頭にてお礼の気持ちを表しているものの、相手のすでになされた手厚い好意に対して改めて感謝の意を伝えたい場合に用います。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ