英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 仕事上での頼みごとを英語でどうするか

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  仕事上での頼みごとを英語でどうするか
 仕事をしていると何かしらの要求は必ず出てくるものです。責任の多い仕事についてだったり年次休暇だったり、どちらにせよ声のトーンひとつで要求が通ったり通らなかったりするものです。この5つのヒントを読み進めて、英語での「頼みごと」の仕方をマスターしましょう。

強く要求しない

 頼みごとをする時はどんな時でも高圧的口調は避けましょう。Give me some time off(休暇をください)とぶっきらぼうな言い方は上司に良い印象を与えるものではありません。反対に要求は丁寧に始めましょう。"I'd like to request some annual leave"(年次休暇を申請したいのですが)や"I'd appreciate it if you could give me your feedback."(ご意見をいただけましたら大変うれしいです)などの言い方を心掛けましょう。

"I need"は取り除く

 話すことがいつもあなたがneed(必要)なものだったら、周りの人にとっては偉そうで攻撃的に聞こえるものです。その代わりにasking(お願い)するようにしましょう。例えばこんな風に聞くことができます。"Could you please ...?"(〜をお願いできますか?)や"Would you be able to ...?"(〜していただくことは可能ですか?)

思い込みは避ける

 上司と仲が良かったら"I'm going to leave a bit early today"(今日はちょっと早く上がります)なんて言いたくなる日もあるかもしれません。自分で主導権を握って、上司も問題ないだろうなんて勝手に思い込むのは賢明ではありません。要求がある時はそれなりの態度と言葉遣いでお願いしましょう。"Would it be OK if I slipped out a bit early today?"(今日は少し早めに上がらせていただいてもよろしいでしょうか?)もしくは"Would you be opposed to my taking off around 4:30?"(4時半頃退社させていただくのに問題はありませんでしょうか?)

非難は避ける

 上司があなたの頼んだことを忘れてしまっていたとしても、"Where are those figures I asked for?"(私が頼んだ数値はどこなんですか?)なんて責めてはいけません。簡潔でかつ効果的な催促法で伝えましょう。例えば"I was wondering if you've had the chance to calculate those figures."(あの数値の計算をするお時間がありましたでしょうか?)と言うだけで十分に伝わります。脅迫的な言い方ではなく、約束されたお仕事を「思い出してもらう」ような言い方をしましょう。

2回目も挑戦

 もし要求が却下されたら諦めるのは簡単です。ですが、もし自分の要求は妥当なものであると強く感じるのであれば、しっかりと自分の言い分をまとめて"Please reconsider my request."(再度、私の要求をご考慮ください)と伝えましょう。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ