英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > James Bond Car?―水陸両用車

異文化英語

特別号 James Bond Car?―水陸両用車

 観光用に水陸両用のバスに乗って陸から海へ、というのには乗ったことがあります。水に入ってゆうゆうと走るさまにビックリしたものです。速度はゆっくりでした。ところが、近頃イギリスで開発された水陸両用車は、なんと水の上でも時速30マイル(約50キロ)もでるそうです。陸上では100マイル(160キロ)の速さで走れるとか。皆さんもTVなどで、この車が水の上を走る光景をごらんになったことと思います。次のようにメディアでは表現されています。

 Britain's newest sports car took a test drive, zooming back and forth across the waters of the Thames River in pure James Bond style.(イギリスの最新のスポーツカーのテストドライブがあった―テムズ川の水面を縦横無尽に音を立てて走り、まさにジェームズ・ボンド風であった。)

 まさにジェームズ・ボンド・カーなみですね。魅力は水上でのスピードです。なお、「スポーツ・カー」は英語でもそのまま'sports car'ですが、この場合、sportsの's'は複数形のsではありません。「スポーツに適した;スポーツ用の」という意味の形容詞です。'sports wear'(sportswear)「スポーツウエア」、'sports drink'「スポーツドリンク」なども同様です。

 このコンバーチブル(convertible)タイプのボンド・カーにはドアがないそうです。水の浸入を防ぐためとのこと。ボートに乗り込むようにして側面をまたいで乗り降りすることになります。乗り降りにちょと苦労しますね。でも、近い将来、この種の車が普通に乗れるようになれば、海や川を走って、渋滞に巻き込まれなくて済むかも知れません。でもこの車、現在では、値段は日本円にして約2700万円くらいするそうです。えっ?そのくらいなら、カタログだけでもですって?さすが!?



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

リストページへ ページトップへ