英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > World Englishes! > 第16回 その国の言語と概念を学ぶということ

World Englishes!

第16回 その国の言語と概念を学ぶということ


イラスト すでにスペイン語の勉強を始めてから2週間が経った。2週間でありえないほどの知識量を詰め込んだけど、実際にそれらを駆使して実生活で使いこなせるようになるのは、当分先の話しだと自覚している。

 言語を学ぶということは、その国の文化、それにその言語を使う人たちの精神構造までも学ぶことが出来るので、ある意味とても面白い。特にスペイン語は英語とは基本的な概念が全く違うので、戸惑うことも多い。ここ最近で一番面白いなと思ったのは、英語で言う「What」と「Which」の用法の違いだ。

 英語で人の名前を聞くときは、「What is your name?」と言う。しかし、これを直訳してスペイン語で言うと通じない。スペイン語でもし「¿Qué es tu nombre?」(Quéが英語のWhatにあたります)と聞くと、「The Word that I am known by.(その言葉で私は知られている)」という答えが返ってくる。

 ようするに英語の「What is your name?」の直訳でスペイン語で聞くと、「あなたの名前の定義は?」と聞くことになるのだ。

 同じように「What is your job? 」とそのまま聞いてしまうと、「あなたにとって仕事とは?」という質問になってしまい、答えが返ってこない。

 よって、スペイン語では上記のような質問は英語では「Which(どっち、どの)」にあたる「Cuál 」を使う。これが意味するところは、「世界中には数限りなく名前があるけど、あなたはどの名前で呼ばれているの?」ということになる。

 た、楽しい。

 英語で個人的に最も感銘を受けたのは、現在完了形の考え方だが、スペイン語の場合は、そのような驚きがもっとこれからあるような気がする。

 イタリア人とコロンビア人(スペイン語圏)のカップルの知り合いがいたが、彼らは互いにイタリア語とスペイン語をずっと話して一緒に生活していて、なんの支障もなかったようだし、以前ブラジル(ポルトガル語圏)に行ったときに出会ったポルトガル人のカップルは自分たちがブラジル人にポルトガル語で話すと、スペイン語と勘違いされてスペイン語で返事が返ってくると言っていた。

 スペイン語の根本的な概念を身につけるのには相当苦労すると思うが、それもまた人生のひとつの楽しみと思って割り切って、付き合っていこうと思っている。

 


プロフィール

松岡 祐紀(まつおか・ゆうき)

世界を旅する写真家。2006年のノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス氏に共鳴し、ソーシャルビジネスを企業理念とした株式会社ワンズワードを立ち上げる。現在、オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を運営するとともに商業カメラマンとしても活躍中。

個人HP: http://yu-kimatsuoka.com/
個人ブログ: http://yu-kimatsuoka.cocolog-nifty.com/onesword/


本気で英語をマスターしたいなら、ワンズワードオンライン。

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語