英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > World Englishes! > 第11回 ドイツ:ベルリン編

World Englishes!

第11回 ドイツ : ベルリン編


photo 世界を旅すると、よく会う国籍の人達がいる。もちろん、行く場所によって異なるだろうが、個人的に最も会う確率が高い人たちはドイツ人だ。彼らは年に少なくても5週間は休暇が与えられるので、長期旅行に行きやすい人たちということも理由の一端ではある。

 ヨーロッパでは「ビールとビーチがあるところに、ドイツ人あり」と揶揄されるくらい、彼らは至る所に出没する。

 ブラジルでもスリランカでも、シベリア鉄道の中でも彼らに会った。たいていは気のいい人達だ。日本人とドイツ人は気が合うと言うが、それは何も第二次世界大戦の同盟関係によるものではなく、単純に性格的に似ているところが多いからだろうと思う。

 ベルリンに行く前には何も期待していなかったが、予想外に素晴らしい街だった。街全体がアートで溢れており、また移民に寛容な政策のおかげで近隣諸国から移民が流れ込み、コスモポリタンな雰囲気を醸し出している。

 ベルリンで世話をしてくれたのは、ラトビア人のカップルだったが、彼らはドイツ語が一切話せなかった。人口200万人強の小国ラトビアからベルリンに移り住んで1年くらいとのことだったが、英語だけの生活でも特に不自由を感じていないようだった。

 写真家とアーティストのカップルだったが、ベルリンでの生活を満喫していたおり、ベルリンは特にアーティストたちにとってはとても住みやすく、毎日がエキサイティングと言っていた。

 ナチスの暗黒の歴史に対して罪悪感を感じているドイツ人たちは、移民に対して開放的な政策を打ち出している。そのなかでもベルリンはナチスの時代でも、その政策に反対する人たちが多かったので、元々自由な気質を好む土壌があるのだろう。

 ベルリンにおいては、ナイトクラブは語らざるを得ない重要な文化的な要素だ。彼らに連れられて色々なクラブをはしごしたが、どのクラブにも三十代、四十代の人たちが多くおり、すでに文化として根付いているのだなと思った。カナダのモントリオール、ロンドンのクラブもそうだったが、社会的な交流の場としてナイトクラブが位置しているのだろう。そこが日本と大きく違うところだ。

 日本のサラリーマンのようにキャバクラでストレスを発散させるよりは、よほど健康的な営みだと思う。ヨーロッパが文化的に成熟しているなと思うのは、みんな人生の楽しみ方を知っていることだ。彼らは特になんの束縛も受けず、まずは自分たちのやりたいことを追求する。自分のことは自分が一番よく知っているので、ある意味最も効率的な人生の楽しみ方と言えるが、それがなぜか日本のような国ではなかなか難しい。

 ベルリンには一週間滞在したが、すっかり気に入ってしまい、住みたい街のひとつとなった。今回は真冬のベルリンを体験したので、次回は夏のベルリンを体験し、ヨーロッパの夏を満喫するつもりだ。

 


プロフィール

松岡 祐紀(まつおか・ゆうき)

世界を旅する写真家。2006年のノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス氏に共鳴し、ソーシャルビジネスを企業理念とした株式会社ワンズワードを立ち上げる。現在、オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を運営するとともに商業カメラマンとしても活躍中。

個人HP: http://yu-kimatsuoka.com/
個人ブログ: http://yu-kimatsuoka.cocolog-nifty.com/onesword/


本気で英語をマスターしたいなら、ワンズワードオンライン。

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語