英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 英語とアスリート達 > vol.13-1 林孝之

*
英語とアスリート達

Taka 林孝之
*
vol.13-1vol.13-2(続きはこちら)

 1995年の初演以来、全世界で1800万人を感動の渦に巻き込んだ新しいダンス・エンターテインメント「リバーダンス」に、昨年、唯一の日本人ダンサーとして出演したTakaこと林孝之。ダンスとは無縁の生活を送っていた彼が、いかにして舞台に立つチャンスをつかんだのか。単身でアイルランドへ渡ってからの日々を振り返る。

取材/構成/文 石川 彩
インタビュー
体に電気が走ったあの衝撃が、原点だった
 「リバーダンス」に出会うまで、本当にダンスとは無縁の生活を送っていたんですよ。大学卒業後は、システムエンジニアやITコンサルタントとして働いていましたし、それが天職だと思っていましたから。それが、ある日、知人に誘われてリバーダンスの日本公演を観に行ったんです。特にそのころダンスに興味はなかったので、正直なところ「チケット1万2000円か。高いな」と思ったほど(笑)。当時は3年スパンで自分のキャリアアップを考えていたんです。でも、公演を実際に観たら、そのダンスの迫力と音楽と融合したエンターテインメント性に引き込まれて、キャリアアップのことなどすっかり頭から消えてしまうほどの強い衝撃を受けましたね。「自分にはこれしかない!いつかあの舞台に自分も立つんだ」と思いました。
 それから1年の準備期間を経て、リバーダンスの発祥地・アイルランドへ渡ったんです。とはいえ、言葉もままならず、指導してもらえる先生は決まっていないということで、不安な気持ちでした。もちろん、会社の制度を利用して英会話を勉強したり、洋画のDVDを100本ぐらい買ってセリフを聞き取ったりといった準備はしましたが、外国人と話す機会などほとんどなかったので、自分の英語が通じるのか不安はありました。なので、最初の半年ぐらいは語学学校に通っていました。そして、授業が終わると自己流でステップを練習して、パブに通っては現地の人と知り合う機会を作って…という日々でした。
とにかく負けては帰れないと、ただひたすら努力の日々
 僕が住んだコークという町は、アイルランド第2の都市。そして、アイリッシュダンスの権威がコーク大学にいるので、その先生にダンスの先生を紹介してもらおうと会いに行きました。紹介された先生に電話をかけると、大人は教えていないとあっさり断られて別の先生を紹介され、またその先生に電話をかけると、これまた同じ。「28歳、未経験」と答えた時点で、門前払いでしたよ。結局、アイリッシュダンスは子どものころに始めていないと、プロにはなれない。そんな現実に直面しました。でも、ここであきらめてなどいられないと、自分から行動を起こして始めたのが、ストリートパフォーマンスでした。
 すると、そんな僕の姿が地元紙で紹介され、その記事を見た人から僕の通う語学学校に連絡が入りました。首都ダブリンで、元リバーダンサーによるショースタイルのステップダンスワークショップが開かれるというんです。こうして、チャンスが巡ってきたんです。
 1週間のワークショップ後、僕は先生にプライベートレッスンをお願いしました。でも、プライベートレッスンは通常、大会で勝てる実力を持つ子どもだけが受けられるもの。そこで、別の先生のグループレッスンを紹介されました。
 コークからダブリンまでは片道4時間。週1回のグループレッスンを受けるために1泊して通いました。子どもや学生ばかり30人の中に大人の自分が一人交じってのレッスン。先生には簡単なステップの練習だけをするように言われ、それが自分の実力なのかと悔しく思いながらも、とにかく言われたことはすべてクリアしようと努力しました。
 でも、それが認められて、プライベートレッスンを受けられることに。もちろん、ダンサーとして基礎的なステップが踏めるようになることは、今後の自分にとって大切なことではありますが、むしろ先生は、僕のステップ技術うんぬんよりも、ダンスに対する気持ちの部分を見ていたんだと思いますよ。アイルランドに渡ってから9カ月後のことでした。
〜to be continued〜
インフォメーション

アイリッシュダンスクラス スタート! 現在募集受付中です。
初めてのアイリッシュダンスクラス、その他経験者クラスがあります。
詳細はこちら

プロフィール
林孝之

林孝之(はやし・たかゆき)

アイリッシュダンサー。1973年生まれ。東京都出身。都立白鴎高校から青山学院大学経済学部へ進学。卒業後はシステムエンジニア、ITコンサルタント業務に携わる。2000年に知人の誘いで「リバーダンス」を観て感銘を受け、1年後に単身でアイルランドに渡る。02年より、元リバーダンサーで全アイルランドチャンピオンダンサーや、世界チャンピオンダンサーからレッスンを受ける。03年6月Special Olympics世界大会の開会式で、リバーダンス「Flying Squad Cast」としてショーデビュー。04年2月全アイルランド選手権7位。同年4月世界選手権17位。05年4月にリバーダンスのオーディションに合格し、10月より東京ほか5都市で開催された日本公演で凱旋帰国。現在は、拠点を日本に移し、世界に通用する日本人アイリッシュダンサーを育てるために、アイリッシュダンスのクラスを開講しながら、自身のパフォーマンス活動を続けている。
Takaのアイリッシュダンス夢ブログ


取材にご協力いただいたお店:
アイリッシュパブ&グリル イニッシュモア

ギネスやキルケニーなどのアイルランド系ビールはもちろんアイリッシュウイスキー、アイリッシュコーヒーや、イニッシュモア自慢のアイルランド料理など

営業時間:月〜土 17:00〜6:00 日祭日 17:00〜2:00

--イベントなど随時開催していて、とっても雰囲気のあるお店です。店長さんありがとうございました♪ビールも料理もとってもおいしかったです(スタッフkayo)

とってもきさくでおもしろいマネージャーの田中さん


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語