英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の英語面白楽習 > 第192回 どうしてそうなるの?(1):コロたま、で

御園先生と楽しく英語を学びましょう。”Let’s enjoy Engish!”
御園和夫プロフィール
第192回 どうしてそうなるの?(1): コロたま、で

 「コロンブスの卵」ってご存知ですよね。コロンブスが、どなたかこの卵を机に立ててみて下さい、と言いました。でも、誰も出来なかったので、コロンブスは卵の先をちょっと割ってから机に立てました。すると、それでいいなら誰でも出来る、と皆は言いました。そこでコロンブスは言いました。誰にでも出来る事でも、最初に実行するのは難しいことなのですよ。柔軟な発想力が大切だという逸話です。これを踏まえての問題です。

イラスト[問題]  次の問題に答えてください。

You enter a deserted house late at night. Inside there is an oil lamp, a gas fire, a stove full of wood. You have only one match however, so which should you light first?

ヒント:
まずなすべきことは…順序をマッチがわないように。


解説と答え

 なーるほど。そうきましたか。「コロたま」ね。英語にはこの種のひっかけ問題はたくさんあります。次回も続きますよ。ところで、「コロンブスの卵」は逆転の発想という意味の故事で使われますが、この逸話自体は後世の創作であるという説が一般的である。ちなみに、イタリア出身のコロンブス(Christopher Columbus)は1451年頃の生まれで1506年に亡くなっています。

<今日の英語表現> 

Columbus’s egg 「コロンブスの卵」

A: What do you mean by ‘Columbus's egg’?
B: It means an unexpectedly solution to a problem.

A: コロンブスの卵ってどういう意味ですか。
B: なにか問題に対して思いがけない解決法のことです。

過去の連載「御園和夫の異文化英語」はこちら

プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

御園和夫関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


英語面白楽会、ニッポン

「英語面白楽会、ニッポン」(The Society for the Enjoyment of English, Nippon:略称 SEEN) というサークルを作りました。英語を楽しく学んで、話しても、聞いても、読んでも、また、書いても、英語でコミュニケーションの取れるようにしたい、というところを目指します。
英語に興味のある高校生以上ならどなたでも会員になれます。英語を楽しく学びたい人、英語を教えている先生、などなど、大歓迎です。今後、各地で講演会や親睦会を設けたいと思っています。

「英語面白楽会、ニッポン」: http://www.eigo-omoshiro.com/


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語