英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の英語面白楽習 > 第75回 Play, play, play「遊び」だけではないんです

御園先生と楽しく英語を学びましょう。”Let’s enjoy Engish!”
御園和夫プロフィール
第75回 Play, play, play「遊び」だけではないんです

  誰でも知っている英単語playですが、これが意外と働き者なのです。普通は「遊ぶ」ですが、他に、play baseball(野球をする)、play catch(キャッチボールをする)、あるいは、play the piano(ピアノを弾く)、play the violin(ヴァイオリンを弾く)などはおなじみのところです。


[問題] 次の表現はいずれもplay〜という形です。日本語の意味を参考にし、カッコ内に入るものを下の語群から一つずつ選んでください。

 

  1) play (  )「正々堂々とのぞむ」

  2) play (   ) 「用心する」

  3) play (   ) 「〜を軽く見せる[扱う]」

  4) play (   ) 「ままごとをする」

  5) play (   ) 「脇役を務める」 


解説と答え

  Playにはまだまだたくさんの使い方があります。形容詞とともに用いて、「〜のふりをする」という用法もあります。play dead(死んだふりをする)、play sick(仮病を使う)、play dumb(とぼける)、などなどです。

  よく、日本人が「遊びに来てください」という意味で、'Come and play with me.'というように、playを使うことがありますが、これは正しくありません。'Come and see me.' と言いましょう。


<今日の英語表現> play second fiddle 「脇役を務める」

I don’t want to play second fiddle to her.
(彼女の引き立て役はごめんです。)

過去の連載「御園和夫の異文化英語」はこちら


プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

御園和夫関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


英語面白楽会、ニッポン

「英語面白楽会、ニッポン」(The Society for the Enjoyment of English, Nippon:略称 SEEN) というサークルを作りました。英語を楽しく学んで、話しても、聞いても、読んでも、また、書いても、英語でコミュニケーションの取れるようにしたい、というところを目指します。
英語に興味のある高校生以上ならどなたでも会員になれます。英語を楽しく学びたい人、英語を教えている先生、などなど、大歓迎です。今後、各地で講演会や親睦会を設けたいと思っています。

「英語面白楽会、ニッポン」: http://www.eigo-omoshiro.com/

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語