英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の英語面白楽習 > 第49回 スズメはチュンチュン

御園先生と楽しく英語を学びましょう。”Let’s enjoy Engish!”
御園和夫プロフィール
第49回 スズメはチュンチュン

  英語で動物の鳴き声や動作を表す語には特徴があります。皆さんよくご存知のbow-wow(バウワウ)は「犬」の鳴き声で、「犬がほえる」はbarkです。「猫」の鳴き声はmew(ミュー)、ないしは、meow(ミアウ)でしたね。では問題です。


[問題]
  次の英語から連想される動物は何でしょう。リストの中から一つ選んでみましょう。

 

  monkey  sparrow  pig  bull  frog snake

 

  1. “I’ll help you do it”, chirped  the little girl.
  2. “Hands up!” hissed  the masked man.
  3. “Get out of my way!” bellowed  the truck driver.


解説と答え

 英語圏の国々で犬や猫が鳴くのをよく聞きますが、私の耳には「ワンワン」、「ニャーニャー」のように聞こえます。「バウワウ」「ミアウ」のようにはどうしても聞こえません。文化が違うと、動物の鳴き声も違って聞こえるんでしょうか。
 人間の場合ですが、「声を出して泣く」はcry、「涙を流して泣く」はweep(ウイープ)、「すすり泣く」はsob、「大声で泣き叫ぶ」はbawl(ボール)、など状況に応じていろいろあります。泣きたくなるときもありますよね。ウエーン。

 

<今日の英語表現>

Sparrows are chirping on the housetop. (スズメが屋根でさえずっています。)

過去の連載「御園和夫の異文化英語」はこちら


プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

御園和夫関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


英語面白楽会、ニッポン

「英語面白楽会、ニッポン」(The Society for the Enjoyment of English, Nippon:略称 SEEN) というサークルを作りました。英語を楽しく学んで、話しても、聞いても、読んでも、また、書いても、英語でコミュニケーションの取れるようにしたい、というところを目指します。
英語に興味のある高校生以上ならどなたでも会員になれます。英語を楽しく学びたい人、英語を教えている先生、などなど、大歓迎です。今後、各地で講演会や親睦会を設けたいと思っています。

「英語面白楽会、ニッポン」: http://www.eigo-omoshiro.com/

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語