英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の英語面白楽習 > 第7回 ルーヴル美術館はどこ? 知識も身につけないと−Part 1

御園先生と楽しく英語を学びましょう。”Let’s enjoy Engish!”
御園和夫プロフィール
第7回 ルーヴル美術館はどこ? 知識も身につけないと−Part 1

 よく言われることですが、英語をしゃべれるようになりたいといっても、しゃべる内容が問題でしょって。確かにそうですが、でも、英語母語話者が必ずしも内容のあることばかりをしゃべっているとは限りませんけどね。もちろん、多方面の知識があるほうが私たちにとって英語を話したり聞いたりするのには役立つことは間違いありません。 次の問題を解きながらご自分の知識度を測ってみましょう。

[問題]

1) In what city is the famous Louvre?

2) How many degrees are there in a triangle?

3) Reeds grow in marshy ground. What kind of plant is especially suited
  to desert conditions?

4) What do we call the molten rock that pours out of volcanoes?

5) In the study of the atom, what do we call the center core?



解説と答え

 今回は比較的やさしめの問題でしたが、要は、内容が分かっていれば、英語を読んだり聞いたりした場合、英語でその知識をなぞるだけなので、理解しやすいわけです。知識があればしゃべる内容もおのずと洗練されたものになり、おぬし、できるな、ということになります、かな。


<今日の英語表現> shallの用法

The sum of the interior angles of a triangle is 180°.
(三角形の内角の総和は180度です。)

Man is a thinking reed.
(人間は考える葦である。)

過去の連載「御園和夫の異文化英語」はこちら


プロフィール

御園和夫(みその・かずお)

御園和夫関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。


英語面白楽会、ニッポン

「英語面白楽会、ニッポン」(The Society for the Enjoyment of English, Nippon:略称 SEEN) というサークルを作りました。英語を楽しく学んで、話しても、聞いても、読んでも、また、書いても、英語でコミュニケーションの取れるようにしたい、というところを目指します。
英語に興味のある高校生以上ならどなたでも会員になれます。英語を楽しく学びたい人、英語を教えている先生、などなど、大歓迎です。今後、各地で講演会や親睦会を設けたいと思っています。

「英語面白楽会、ニッポン」: http://www.eigo-omoshiro.com/

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語