英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > あなたの英語は“正しい表現”?

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  あなたの英語は“正しい表現”?
 21世紀になって、英語の表現は日に日に無礼になっていると言われています。何気なく言った間違えた表現で友達や同僚を不快な気分にさせている可能性はありませんか? このアドバイスをきちんと覚えて、言葉を賢く選んでデリケートで正確な表現の世界で生き延びましょう!

彼/彼女はどんな人?

 old(年を取ってる)short(背が低い) fat(太ってる)blind(盲目)と他人を表現してもよい時代もありました。簡単に言葉にしがちですが、とても無神経です!

 誰かについて表現をしたいときには、注意して考え想像力豊かに言葉を選びましょう! もう「年を取っている」人はいないのです - 彼らはelderly(年上)なのです。身長が低い人はvertically challenged(背の低い。垂直方向努力を必要とする意)で、visually impaired(目の見えない。視覚的損傷の意)とするのが目の見えない方に対するもっとも思いやりのこもった表現となっています。name-calling(中傷)はどんな形であれ、思いやりのない軽蔑的な表現であることを覚えておいてください。

彼/彼女の人種は何?

 かつて北アメリカはblacks(黒人) whites(白人)Indians(先住民)Orientals(東洋人)全ての故郷でした。彼らは全員消えてしまったのか? もちろんそんなはずはありません! ですが最近ではもっと正確な表現で人種を表現するようになってきました。黒人の人々は今はAfrican-Americans/Canadians、白人の人々はCaucasians、先住民の人々はNative Americans/Canadians、そして東洋人はAsiansと表現します。

彼/彼女は何をしているの?

 昔、男性と女性では同じ仕事でも別の役職で呼ばれていました。そんな時代は終わりです! 今は特定の性別に関して言及することはsexist(性差別主義者)とされ、manwomanではなくてperson(人・一個人)の表現が仕事上使われるようになりました。例えば、議長はchairmanではなくてchairpersonとされ、businessman(実業家・サラリーマン)はbusinesspersonに、販売員もsalesmanからsalespersonへと変わってきました。

 他にもまだまだ新しい名前がついた仕事はあります。スチュワーデスと呼ばれたair hostessesstewardessesはどこへ行ったんでしょう? 彼らはflight attendants(客室乗務員)に変わりました。waitresses(ウェイトレス)やwaiters(ウェイター)は給仕者という意味でserverswaitronsに変わりました。

 あまり格式のある仕事に聞こえない職業はどうでしょう? あなたがjanitor〈清掃作業員)だったら、これからは自分のことをsanitation engineer(公衆衛生エンジニア)と呼びましょう。Housewives(主婦)はdomestic engineers(家事奉公エンジニア)になりました。もうあなたはunemployed(失業中)なことはありません、あなたはinvoluntarily leisured(非自発的休暇中)なだけなのです。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語