英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 印象づける履歴書を英語で書く簡単な方法

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  印象づける履歴書を英語で書く簡単な方法
 いくら求職に最適な人材であっても、履歴書が良くなければ仕事には受かりません。最高の履歴書があれば、他の求職相手との競争に勝ち抜くことは間違いありません。下のヒントに従って、勝ち組の履歴書を書いて仕事をゲットしよう!

学歴・職歴を再確認する

  まず今までの職歴や学歴をリストにしましょう。その後、会社の情報や資格、学位、仕事の肩書きや義務、今までに達成したことなどを書き出しましょう。

目的を記す

  目的とは目標であり、あなたが求職申し込みをするに当たっての雇用目標を雇用者は知りたがっています。これにより、あなたがその仕事に向いているかどうかを判断します。履歴書の始めの部分に「目的」と書き、短い文章を書いておきましょう。例えば「ダイナミックなマーケティング部にて仕事をしたい」などです。

職務や業績

  職務とは割り当てられた仕事のことを意味します。業績とは達成、つまり努力の末の良い結果、ということです。雇用者側としては、あなたが今までに行ってきた仕事を、またそれ以上にどのような業績を残してきたかを知りたいはずです。だから過去の仕事について述べる際にはあまり自慢しないように! また今までの業績を詳しく挙げるのもよいでしょう。例えば、今までのあなたの業務のひとつにスタッフのスケジュール管理があり、スケジュール管理の大きな問題を解決した経験があるとしたならば「スケジュール管理問題の解決」と書くことができます。

文法を調整する

  履歴書には書くべきことが多いのですが記入欄が少ないため、履歴書を書く際には略語を書かざるを得ない場合が多いです。例えば、文章の主語や(例:I, my manager)、所有代名詞(my/mine, his/hers)、冠詞(the, a)までも省くことがあります。また1つ以上の業績を1つの文章に記す場合には、andの代わりにセミコロン(;)を使う場合もあります。例えば、"I led an important project and my manager gave me an award"(重要なプロジェクトを任され、マネージャから賞を受けた)という文章は、"Led key project; awarded by manager."(マネージャから賞を受けたプロジェクトを指揮した)とすることができます。

動作動詞を使う

  動作動詞はある種の動作を示します。例えばsolved(解決した)、managed(管理した)、initiated(始めた)、accomplished(達成した)などです。また受動態動詞はam、was、haveやhadなどです。履歴書では動作動詞を使うと、まさに雇いたいと思われるようなヤル気のあるエネルギーに満ちた人だという印象を与えます。例えば"Managed a team of 20 employees"(20人の従業員を管理した)と書けば、"Was in charge of 20 employees." (20人の従業員の担当だった)と書くよりも力強く感じられます。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語