英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > お気に入りの歌で英語をマスター

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  お気に入りの歌で英語をマスター
音楽は好きですか? もっとアップビートに楽しく英語を学びましょう!

Memorable Lyrics

 お気に入りの英語の曲があったら、歌詞をインターネットで探してプリントアウトし、曲を聴くたび、一緒に歌ってみましょう。すぐにby heart(空で、何も見ずに)で歌えるようになるはずです。覚えた新しい単語や表現は、すぐ実際に使って練習しましょう! 歌手の声のトーンに合わせて歌うようすれば、発音やアクセントも同時に上達させることができます。

Stimulating Songs

 音楽を聴くことで、ヒアリングの向上やCritical Thinking(批評的思考法)を養うことができます。英語の歌を聴く時は、目を閉じてじっくり聴くようにしましょう。分かる分からないに関わらず、聞き取れる単語を全部書き出してみるといいでしょう。歌詞の内容や、声のトーンでどう表現しているか、曲のtune(調子)をよく聴いて、その曲のイメージを頭に思い描いてみましょう。でも、聞き取れなかったからといってがっかりしないでください。早いペースの曲は、ネイティブでも聞き取るのが大変なことも多いのです!

Soothing Classics

 勉強中、難しく考えてストレスが溜まってしまうことってありますよね。そんなときにも、音楽は役立ちます。勉強中、クラシックミュージックをかけてみてください。リラックスするのに最適です。集中力を高め、単語の暗記力を向上させることに役立ちます。反対に気分を害する騒音や耳障りな音は勉強には不向きですので、避けたほうがいいでしょう。

All That Jazz

 たくさんの単語や表現を暗記しなければいけないときは、Jazz Chant(ジャズ・チャンツ)を試してみてください。英語のリズムがジャズの4ビートに合うことから考案された言語習得法です。簡単な一定のビートを思い浮かべてください。手をたたいたり、ステップを踏んだりしながら、一定の単調なリズムを作りましょう。それから新しい単語や言い回しを、単語の音や重要な慣用句を強調しながら、大きな声で読んでみましょう。それが曲になっても恥ずかしがらずに、新しい単語や表現を大きな声で歌ってみましょう。

Time to Rhyme

 学校の学習方法では、「韻」を踏んで暗記していく方法があります。たとえば、アルファベットの歌もそのひとつです。次に単語や表現を覚えるときに「韻」を意識して文章を作ってみてください。早く楽しく英語が勉強できるはずです。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語