英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > お金を節約する際の使える英語表現10

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  お金を節約する際の使える英語表現10
みなさんは英語が節約に役立つことをご存知でしたか?

1. penny-pinching (倹約すること)

 節約のためにお金をなるべく使わないようにしている人のことを意味します。例えば、I have to do some penny-pinching this month if I want to buy that coat! (あのコートを買うために今月は倹約しないと!)

2. A penny saved is a penny earned.(一銭の節約は一銭の儲け)

 日本語でもよく言われる「ちりも積もれば山となる!」ということですね。

3. The best things in life are free.

 同様のことわざにMoney isn't everything.なんていうのもあります。人生で最も大切な愛や友情、健康などはお金では手に入らないということを意味してます。

4. Saving for a rainy day. (不時の出費に備える)

 まさかの時のために蓄えておく、緊急時に備えておくという意味です。

5. Penny wise, pound foolish. (安物買いの銭失い)

 値段の安いものはそれだけ質も悪く長持ちしないから、かえって高くついてしまうことを指します。

6. A fool and his money are soon parted.(愚か者からはお金が離れていく)

 このことわざは愚かな人ほど、お金の使い方をしらず貯めておくことができないという意味です。

7. Early to bed and early to rise, makes a man healthy, wealthy and wise.(早寝、早起きは人々を健康にし、豊かにそして賢くする)

 これは有名なベンジャミン・フランクリンの格言で、日本語でいう(早寝)早起きは三文の得というところです。

8. Money doesn't grow on trees. (お金は木にならない)

 この表現の意味はお金とは簡単に手に入れることができないということです。ひっきりなしに物を買っている子供に対して、親がよく使うようです。

9. Money talks.

 これは最近よく使われるようになった表現で「金が物を言う」、「金は力なり」という意味です。

10. In for a penny, in for a pound. (やりかけたことは最後までやり通す)

 このことわざは一つのことをやり始めたら、途中なにがあっても最後までやり通すという意味ですが、もともとの意味はもし結果として罰せられるのであれば、罪を犯してでも一番利益が出せる手段を取るべきだという意味です。

 

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語