英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 英語を学んで上司の心をつかもう!

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  英語を学んで上司の心をつかもう!
アメリカの国際的な大企業の海外事業所で働いていて感じたのは、多くの現地社員はアメリカ人上司やイギリス人上司に印象付けようと英語の難しい単語や複雑で長ったらしい文章を使っているということです。しかし正直なところ西洋人のマネージャーたちの心をつかむのは複雑な英語ではなく、この企業にこの人がいないと困ると思わせるような戦略的かつ効果的な英語のフレーズなのです。

I took the liberty of …
((勝手ながら)
その登録フォームをABC順に並べました)

アメリカ人やイギリス人マネージャーは、言われなくとも take initiative(指導力を発揮して)仕事を行う社員を高く評価します。 だから、何か役に立つことを行う機会を探して、上記のようなフレーズを使って上司に報告しましょう。

I'd like to run something by you.
(あなたに何かを通したいです)

大きなアイデアやプロジェクトがある時、西洋人マネージャーは in the loop(最新情報を伝えて) もらったり、関係されるのをよいとします。 また、よいアイデアを持っている人も大歓迎です。なので何か大きなことを思いついたら、上記の文章を使って話し、詳細を含めてフォローしましょう。

I can help out with that.
(そのお手伝いができるでしょう)

アメリカ人やイギリス人マネージャーはボランティア精神を評価します。 新しいプロジェクトの手助けを申し出ることはあなたは仕事に対してやる気があり、信頼できると思われます。 しかし、自分ができる範囲以上の仕事に対してボランティア精神を持って挑んで bite off more than you can chew(無理をする) ようなことがないように注意しましょう。

I'm already on top of that.
(私は既にそれに取り掛かっています)

既にあなたが取り掛かってる仕事についてマネージャーがたずねたらこのフレーズを使って答えれば、あなたが one step ahead of(一歩先をいき) 用意周到で有能な社員だ、と思われることでしょう。

Would you mind clarifying something for me?
(これについて具体的に説明してもらえませんか?)

指導力に加えて、アメリカ人やイギリス人マネージャーは効率を評価します。説明書がわからなくとも恥ずかしがる必要はありません。上記の質問を使ってわかりやすく説明してくれるように頼み、仕事を終えればいいのです。 逆に、仕事を提出した際にそのup to scratch(仕事の準備ができて)なかったり、期待されるような水準にまで達していなかったときの方が大きな恥をかくことになるでしょう。

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語