英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > 英語で完璧なEメールを書く方法

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  英語で完璧なEメールを書く方法
いまやビジネス社会では、旧来のレターシステムからEメールが主流となりました。近いうちに、プロ並みのEメールを書かなくてはならないこともあるでしょう。この先の文章を読んで、英語のEメールをプロ並みにするための簡単な秘密を見てみましょう。

まずはあいさつから始めましょう

Eメールを書くにあたって、例えば“Dear Lillian,”などあいさつから始めることはとても大切です。相手との関係によっては、“Dear Mrs. Price,”などのように、名前よりも苗字を使う方がいい場合もあります。相手とはよく知った関係ならば、“Hi Kelly,” などとシンプルに言うこともできますし、個人でなく会社宛てに書く場合には、“To Whom It May Concern:” と書くこともできます。

受取人に感謝する

クライアントの質問に返答する場合、まずは感謝の意を表しましょう。例えばあなたの会社に関する質問のメールには、“Thank you for contacting ABC Company.”と書くことができます。もしくはあなたからの質問に対する返答のEメールには、“Thank you for your prompt reply.”“Thanks for getting back to me.”と書くのもいいですね。相手方に感謝することがあれば、是非そうしましょう。そうすれば相手もホッとしますし、あなたのことも礼儀正しく丁寧な人だと思うことでしょう。

目的を記す

しかし、もしあなたが初めてEメールを書いているならば、感謝の言葉を入れることは難しいでしょう。代わりに、きちんと目的を伝えましょう。例えば、“I am writing to enquire about …” や、“I am writing in reference to …”などです。Eメールの最初の方で目的を明らかにした上で主要文に移ることは大切です。文法やスペリング、句読点や複数のセンテンスをつなぎあわせたセンテンスにならないように気をつけて、文章を短くはっきりと書くように心掛けましょう。

結びの言葉

Eメールを終えるにあたり、もう一度感謝の意を述べ、結びの言葉を加えることが礼儀正しいとされています。まずは“Thank you for your patience and cooperation.”“Thank you for your consideration.” と書き、その後で“If you have any questions or concerns, don't hesitate to let me know.”“I look forward to hearing from you.”と続けてもよいでしょう。

終わりに

最後のステップはEメールの最後に自分の名前を書き加えることです。“Best regards,”“Sincerely,”“Thank you,”と書くことはどれもプロっぽいですね。
“Best wishes,”“Cheers,”という結びは、カジュアルすぎるのでビジネス文書では避け、カジュアルで個人的なEメールに使った方がいいですね。最後に、送信ボタンをクリックする前に、もう一度Eメールを確認し、そのメールが完璧かチェックしてみましょう。

Heather Daigle著

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語