英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > [週刊!]実践英語のツボ > よくある紛らわしい英単語10

[週刊!]実践英語のツボ english town.com
*  よくある紛らわしい英単語10
英単語は紛らわしいものばかり。正しい単語を正しい時に使えるように、このポイントを抑えましょう!

dessertとdesert

Dessertは食後のおやつのデザート、the desertは熱く乾いた砂地の砂漠です。

acceptとexcept

acceptは受け取る、同意するという意味で、exceptは何かを除く、省く、という意味です。

thereとtheir

thereは副詞で「あそこ、そこ」という場所を表す単語の一方、theirは所有代名詞で、「彼らの」という意味です。
例:Their house is over there.(彼らの家はあそこだよ)

principleとprincipal

Principlesは信念、主義、真理です。 principalは学校の校長・学長や何かの一番上の立場の人(社長など)のことです。

adviceとadvise

adviceは名詞でadviseは動詞です。『忠告、アドバイス、助言』をするという意味になります。
advise someone by giving them good advice.(良い助言をあげて誰かにアドバイスする)

borrowとlend

To borrowは何かを融資として借りることで、to lendは融資として誰かに一定期間あげることです。
例:Can I borrow your car? Sorry, I can't lend it to you today.(今日 君の車貸してくれない? ごめん、今日は君に貸せないんだ)

despiteとalthough

類似した意味を持っていますが違った様式で使われます。Despiteは前置詞で、althoughは接続詞です。
例: He won the race despite his injury. He won the race although he had an injury.(彼は怪我にも関わらずレースに勝った/彼は怪我をしていたけれども、レースに勝った)

affectとeffect

affectは動詞で、effectは名詞です。
例:The effect of the war is enormous; it has affected all sectors of the economy.(戦争の影響は膨大です;経済の全ての分野に影響しました)

personalとpersonnel

あなたのpersonal情報は、名前、年齢、国籍を表す「個人」についてです。personnelは会社の従業員を表します。

assureとensure

誰かをTo assureするというのは、疑問を取り除いたり元気付けることを意味します。ensureは何かを確定する、確実にするという意味です。
例: I assured him that you would be there, so please ensure that you get to the meeting on time. (彼には君がそこに行くって断言したよ。だから会議には確実に時間通りに行ってくれよ)

記事を読んだら、英語を話そう

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール

※2週間お試し無料!

イングリッシュタウンは、24時間参加OKのオンライン英会話スクール
詳細はこちら

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語