英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第93回 雑草も役に立つ?

第 93回 雑草も役に立つ?

  東アフリカの農場では雑草を抜かないようにしたそうです。穀類と一緒に雑草はやしておくと、収穫が6,7割も増えるとか。こんな記事を見かけました。

The logic of this technique is simple: give the insects something to eat so they don't need to graze on valuable maize.
(この技法の考え方は単純です。昆虫は、食べるのもを与えてやれば、大切な穀類を食べる必要はなくなります。)
 注:insect「昆虫」 graze「草を食べる」  valuable「大切な」 maize「トウモロコシ」(アメリカ、カナダではcorn)

 

 イナゴなどの虫は、雑草を食べるので、トウモロコシなどの穀類は無事だというわけです。が、そんなにうまくいくもんですかね。虫もおいしいほうを選ぶかも。雑草だけが残ってしまうなんてことはないんですかね。

 メキシコの農場でも穀類といっしょにカボチャや豆を植えたところ、穀類に対する虫の被害は減ったそうです。ハイテク技術を使って農作物を虫の被害から守る方法は、コストがかかりすぎるし、また、人や自然環境に害を与える可能性があります。その点、人と自然にやさしい「雑草を抜かない方法」は経済的にも優れています。あまり豊かではない発展途上国の農場にとってはもってこいの対策です。今、こういう研究が進んでいるようです。雑草も役に立つんですね。え?もちろん、あなたも役に立ってますよ。

(参考出典)http://www.goodnewsnetwork.org/Pages/gnnglobal.html

 

[ワンポイント会話表現]
You don't need to pull weeds here.(ここでは雑草を抜く必要はありません。)




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語