英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第84回 南部引き伸ばし発音―マーネームイーズ…(My name is…)

第 84 回  南部引き伸ばし発音―マーネームイーズ…(My name is…) 

  一口に英語と言ってもいろいろです。イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどなどです。その中でも、例えば、アメリカ英語発音にも方言があります。一般には中西部の話し方を代表的なアメリカ英語発音を称しています。カリフォルニアあたりの英語は典型的なアメリカ発音です。アメリカ東部では、イギリス発音に似た形が聞かれます。例えば、oftenは[t]を発音しますし、neitherはイギリス式に['naiD"](「ナイザー」)と言う人が多いようです。Ask, dance, halfなどの母音の発音も異なります。

 南部の発音も独特です。特に、'southern drawl'(南部引き伸ばし)と呼ばれる発音が特徴です。My name is …は「マ― ネ―ム イ―ズ…」といったように引き伸ばして言う人がたくさんいます。以前、深南部(Deep South)を車で周り、方言調査をしたことがあります。Georgia, Alabama, Mississippi, Louisianaなどの諸州です。この地方の人々は比較的ゆっくりしゃべる印象を持ちました。なまりの強い人も結構多くいました。
 さて、こんな英文がアメリカの友人から送られてきました。

 "In Louisiana, we have a problem with Southern drawl and what I call lazy mouth. Because of that, the voice-recognition system often doesn't recognize what callers say", he said.
(ルイジアナ州では、南部引き伸ばし発音といわれるけだるい口調ゆえの問題があります。その発音のために、音声認識装置が電話を掛けてくる人の言うことを認識しないことがよくあるのです。)

 つまり、この地方の人々の発音が方言の度合いが強いため、いわゆるアメリカの一般英語発音で作られている機械が認識できないというものです。警察に電話すると、まず機械装置の音声が応答します。どこどこ部署には何番に掛けてくださいとか、名前をどうぞ、用件の部署名をおっしゃってください、などと機械音声が言いますが、それに答える英語が訛りの強さゆえに認識されないという事態が生じているというのもです。困った地元警察署はこの装置を手動に切り替え、人間が応答してしのいでいるとか。同じ国の中での異文化ですね。



御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語