英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第68回 G,H,I,J,K,L―ギャンブラーのG

第68回  G,H,I,J,K,L―ギャンブラーのG

 前回のなぞなぞ, What letter separates Japan from America?(どの文字が日本とアメリカを隔てていますか。)の正解から。答えはC(=sea)です。日本とアメリカの間には海がありますよね。では、前回に続いて、マザーグースよりGから。

G was a gamester, who had but ill-luck;
H was a hunter, and hunted a buck.
I was an innkeeper, who loved to carouse;
J was a joiner, and built up a house.
K was King William, once governed this land;
L was a lady, who had a white hand.
(Gは賭博師で、いつもついてなかった。)
(Hは狩人で、雄鹿を狩った。)
(Iは宿屋の主人で、ドンちゃん騒ぎが大好き。)
(Jは建具屋で、一軒建てた。)
(Kはウイリアム王様、昔この地を治めた。)
(Lは貴婦人、白い手してた。)

  なかなか面白いですね、当てはめ方が。Gはギャンブラーで、Hはハンター、…Lはレイディ、といったぐあいです。

 アルファベットのなぞなぞを一つ。What letter is a part of the face?(どの文字が顔の一部ですか。)G(ジー)っと見て、Hではなく、そう、Iです。「アイ」はeyeにつながります。目は顔の一部ですよね。Mからは次回のお楽しみ。

[アルファベットなぞなぞ]
What is the name of a bird and a letter of the alphabet?(鳥の名前で、かつ、アルファベットの文字は何ですか。)

  ヒント:上のアルファベットのどれかです。(出典:「耳から楽しむ英語なぞなぞジョーク:聴くユーモア」旺文社) 正解は次回に。




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語