英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第30回 Skyscraper 空を削り取るもの?

第 30回 Skyscraper 空を削り取るもの?

  「スカイスクレイパー」と聞けば、誰でもニューヨーク・マンハッタン島の超高層建築物「摩天楼」を連想しますよね。ところが、もとをたどると、skyscraperという語は、シカゴに1883年に完成した10階建ての保険会社のビルにつけられたものでした。当時、世界で他のどの建物よりもずっと高かったので、こう命名されたとのことです。この語の由来は、帆船のマストの高いところにつてられていた三角形の帆から来ているそうです。マストのてっぺんで、まさに空を「削り取っている」(scraping)感じから来たんでしょうね。

 アメリカの野球用語の俗語で、skyscraperには「高く上がったフライ」という意味もあります。

 いつでしたか、そう、10年以上前だったかもしれませんが、イギリスのとある書店で小学生の社会科の教科書をパラパラとめくっていたときのことです。世界の大都市を紹介している部分がありました。ニューヨークはスカイスクレイパーの林立する超近代的都市として描かれていました。ところがです、東京のところを見ると、なんと、土塀に囲まれた敷地内で辮髪の少年がまりつきをしている絵があり、そこに「現代の東京」と書かれているではありませんか。これに代表されるように、私たちが西欧を知っているようには、あちらさんは必ずしも日本を理解してくれているとは限りません。これだけメディアの発達した今日でも異文化の落差は意外と大きいものです。異文化の落差を埋めていくことが国際理解を深める、ということなんです。




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語