英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第198回 雨―降ればどしゃ降り

異文化英語

第198回 雨―降ればどしゃ降り

 世界中異常気象とやらで大雨の被害が多いですね。普通は雨降りの日は敬遠されますが、農作物にとっては雨は大切です。英会話で「今日はいいお天気です」は、It’s a fine day today.とか、It’s a nice day today.(米)などと習いましたよね。いい天気だからfine、nice(晴れた;雨でない)を用います。つまり、雨ではないから「よい」となります。でも、英語には「雨天」のことをしゃれて、It’s a fine day (/) for ducks.という言い方があります。「いい天気ですよ、アヒルにとってはね」といったところでしょうか。なお、この表現では、fineの後に若干のポーズを置くのがコツです。アヒル(duck)が雨の中を喜んで、汗をだっくだっく、かきながら…!?
 
  「降ればどしゃぶり」(ことわざ)は英語では、It never rains but it pours.です。よきにつけ悪しきにつけ、物事は重なって起こるもの、という場合に用いられます。「どしゃ降り」は、ふつう、heavy rain、pouring rainなどと言いますが、rain cats and dogs(猫や犬のように降る)という表現もあります。

It was raining cats and dogs this morning.(今朝はどしゃ降りだった。)

 これは、北欧伝説の、猫は雨を降らせ、犬は風を起こすという言い伝えからきたとか、あるいは、猫と犬がけんかしているように騒がしいことから来ているとか、はたまた、昔はロンドンあたりでは大雨の後は道路の溝に猫や犬が死骸となっていたことによる、などいくつかの説があります。いずれにしても、猫と犬が降ってくるとは、ちょっと大げさですが、どしゃ降り状態をうまく表しているように思えます。

 一般に日本でも西洋でも「雨」は、どちらかというと、好ましくない、ハッピーではないイメージですよね。「雨降って、地固まる」(After rain comes fair weather.)などということわざでも、雨は否定的なイメージです。でも、雨の恩恵もたくさん受けています。特に世界の乾燥地帯では雨は大切です。宝かもしれません。

 雨は透明ですが、インドでは赤い雨が降ったことがあるそうです。服を赤く汚してしまったとか。また、黄色、緑、黒の雨も降ったという報告があります。インド政府調べたところ、色つき雨(multicolor rain)は本当だったそうです。雨もいろいろ、ですね。

[ワンポイント英語表現]
Let’s take shelter from the rain here for a while.
ここでしばらく雨宿りをしよう。



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。クイーンズランド大学英語科博士後期課程修了。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語