英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第184回 飛行機は安全第一

異文化英語

第184回 飛行機は安全第一

 飛行機に乗ると必ず機内での安全に関する説明があります。日ごろ、私たち乗客はごく当たり前のように飛行機に乗り、ごく当然のように目的地で降りていきます。でも、関係者、つまり、パイロットや客室乗務員の方々は、もし何かあったら、と心配をしていることでしょうよ。次のような表示はどの航空機にもありますし、機内でその種のアナウンス耳にします。文化が違っても各国とも安全第一です。

Life Vest Under Your Seat
Fasten Seat Belt While Seated
Do Not Remove Life Vest Except in Emergency

(救命胴衣は座席の下にあります
着席中は座席ベルトをおしめください
救命胴衣は緊急時以外は取り出さないでください)

 表示文なので冠詞は省略されています。発音にも注意しましょう。[v]で始まるvestは「チョッキ;ベスト」です。[b]で始まるbestと間違えないように。もっとも救命胴衣をつけるときは大変な時です。離着陸の際はシートベルトを必ず装着するように言われますが、ちかごろは、安全上の理由からでしょうか、飛行中もしめているようにとのアナウンスがあります。英語のseat [si:t]ですが、日本人はよく「シート」と発音しますよね。これは「スイート」と発音してください。

 かなり前になりますが、ある国際線に乗っていたときのことです。食事になったので、乗務員さん(英語話者)が一人の日本人乗客に、倒していた座席の背を元通りにまっすぐに戻してくださいと言いました。観光客らしく見えたその日本人が英語がよく分からなかったらしく、きょとんとしていると、乗務員さんは’Seat, seat’と言いました。すると、その日本人は座席は倒したままで、やおらシートベルトを締め始めました。今でもよく覚えています。座席のseatとseat beltを勘違いしたわけです。食事時にもシートベルトをしていれば安全には違いありませんけどね。

 英語はいろいろなところで覚えられます。機内表示、機内アナウンス、機内誌など、飛行機は絶好の勉強場所です。国際線なら、乗務員さんにいろいろ尋ねてコミュニケーションをはかってはどうでしょう。


[ワンポイント英語表現]
Fasten your seat belt.
(シートベルトをおしめください。)
[注:fastenの発音は「ファスン」]



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語