英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第174回 バス(bath)はお風呂じゃないの?

異文化英語

第174回 バス(bath)はお風呂じゃないの?

 イギリスはイングランド南西部のAvon(エイボン)川に臨む都市に「バース」(Bath)という所があります。ローマ人によってつくられた町で、温泉地として有名です。「風呂」の語源になっていると言われています。お風呂はbathですが、発音が結構難しいのです。まず、語尾の-thは、日本語の「ス」ではなく、舌先を両方の前歯で軽くかむようにして出す音です。学校で習いましたよね。また、ba-の母音の部分も日本語の「ア」ではなく、イギリス英語発音では口を大きく開いて、少し長めに「ア−」と言います。したがって、「バース」です。アメリカ英語では、この母音は、唇を左右に強く引っ張るように大きくかまえ、「ア」と発音します。ちょうど「エ」と「ア」の中間のような音になります。うまく発音しないと、bus、つまり、乗り物の「バス」を間違えられてしまいます。

 意味は「入浴」ですが、イギリスではbathは本来次の意味です。

A bath is a container, usually a long narrow one, which you fill with water and sit while you wash your body.
(バ−スは容器で、通常細長く、そこに湯を張って座り、体を洗う。)

 つまり、イギリスでは本来’bath’は「浴槽」を意味します。また、「(浴用の)お湯、あるいは、水」を意味することもあります。たとえば、run a bathは「浴槽に湯(水)を入れる」という意味です。アメリカでは「浴室、ふろ場」(bathroom)も意味します。また、アメリカでbathroomと言えば「(個人住宅の)トイレ」も意味します。ふろ場にトイレも一緒にある場合が多いからです。「風呂に入る」は、アメリカではtake a bathですが、イギリスではhave a bathです。

 Bathの動詞はbathe(ベイズ)ですが、イギリスでは、「(プール、川、湖、海で)泳ぐ」という意味なのに対し、アメリカでは’swim’以外に「入浴する」という意味にも用いられます。

 そういえば、私たち日本人と西洋人とでは風呂の入り方が違いますよね。西洋人は浴槽の中で石鹸を贅沢に使い、ごしごし(さらさら?)洗います。その後でシャワーを浴び、タオルで拭くというのが普通ですが、浴槽から出たままで(シャワーはあびずに)そのままの体をタオルで拭いている西洋人もいます。私たちは、ふつう、浴槽につかり、洗うときは、いったん浴槽から出ますよね。風呂の入り方は異文化です。寒いときにはお風呂にはいると体が暖まります。’bath’の語源は「暖めること」です。

[ワンポイント英語表現]

Would you run a bath for me?
(風呂にお湯を入れてくれますか。)



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語