英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第169回 ボンネット、それとも、フード? 車の英語(1)

異文化英語

第169回 ボンネット、それとも、フード? 車の英語(1)

 アメリカで運転中に車の調子が悪くなり、同乗の友人にボンネットを開けるようにと言ったところ、通じなかったという話を聞いたことがあります。「ボンネット」(bonnet)は実はイギリスの言い方で、アメリカでは「フード」(hood)です。ついでに、もし、イギリスで「ボンネット」と言いたいときには、前を強く「ボニットウ」と発音しないと通じません。 英語のbonnetはもともとフランス語で「帽子」です。英語でも「帽子;覆い」の意味です。

 この種の例は他にもあります。車の「トランク」(trunk)ですが、これはアメリカ英語で、イギリス英語ではbootです。「アクセル」はaccelerator、あるいは、accelerator pedalですが、これもイギリス英語です。アメリカ英語ではgas pedalです。「ウインカー」(winkers)[複数で]もイギリス英語で、アメリカ英語では「ブリンカー」(blinkers)です。なお、イギリスでは(direction) indicatorとも言います。さらに、一般に「方向指示器」はturn signalという表現もあります。

 ナンバープレート(number plate)はどうでしょう。これもイギリス英語です。アメリカではlicense plateです。ちなみに、オーストラリアではregistration plateと言います。ちょっと混乱してきたので、この辺で表にして整理してみましょう。

日本語 アメリカ英語 イギリス英語
ボンネット
hood
bonnet
トランク
trunk
boot
アクセル
gas pedal
accelerator
ウインカー
blinkers
winkers, indicator
ナンバープレート
license plate
number plate

 こうやって見ると、日本で使用している車用語はイギリス英語に基づいているものが多いですね。アメリカ英語では呼び方がずいぶん異なります。そういえば、「タクシー」(taxi)もどちらかというとイギリス英語で、アメリカではcabが主流です。次回も車用語が続きます。


[ワンポイント英語表現]

Put your right-turn blinker on.
(右折の方向指示器をだしてください。)



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語