英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第153回 5つの英語で世界を回れる!

異文化英語

第153回 5つの英語で世界を回れる!

  「英会話上達法」、「これでOK英会話」、あるいは、「やり直しの英会話」、などという類の本が書店にはたくさん並んでいます。テープ、CDもたくさん出回っています。なのに、なぜ日本人は英語が上達しないのか、という疑問はどなたでもお持ちのことでしょう。最初からあまりたくさんの英語を覚えようとすると、どうもうまくいかないようです。

 簡単な英語を5つ使いこなせれば、なんとか世界を回れる、と思います。その5つとは、Thank you, Please , Yes, No, Excuse me,です。海外旅行の日本人を観察していると、まず、Thank you.とPleaseが出てきません。アメリカやオーストラリアの学生さん達は、特にキャンパスと通っているバスなどを降りる際には、ドライバー氏に、ごくあたりまえにThank you.と言っています。また、買い物などでも、店員は当然客に品物を渡しながらThank you.と言いますが、客の側も店員に対して、Thank you.と返します。お互いにこの表現を使うことで場がなごみます。やはり、感謝の心を持ち合わせないとね。これは文化を超えた共通表現ですね。

 何かを頼んだりして相手の注意を引きたい時には、まず、「すみませーん」と言いたいですよね。そんな場合にExcuse me.を少し上昇気味に言います。また、たとえば、誰かに接触したときなどにも使えます。もっとも、こちらの場合は、イギリスやオーストラリアではSorry.(ソーリー)のほうが普通ですが。

 意外と日本人が実際には使っていない表現にPlease.があります。これを十分に活用しない手はありません。コミュニケーションをスムーズにする妙薬です。相手に何かを依頼する際には必ずPleaseを用いましょう。言われたほうはあなたに好感をいだくでしょう。

 言われたことに対し、自分の意思を明確にする必要があります。日本人は外国人から何か言われると、意思をはっきり伝えずに、曖昧に笑って済ませようとする傾向があります。これは禁物。Yes, No,で自分の意思を明確に伝えなくてはなりません。これもコミュニケーションを円滑にするコツの一つです。

 要するに、これら5つの英語は世界中のほとんどの人が理解しますので、通じるわけです。日本人は、とかく、英会話と言うと、難しい、あるいは、しゃれた表現を使おうと思いがちです。しかし、世界は英語だけではありません。異文化でも通じる英語を有効活用してみましょう。意外と通じるものです。

 

[ワンポイント英語表現]

Excuse me, two coffees, please.(すみません、コーヒー2つおねがいします。)
Open the window, please.(窓を開けていただけますか。)



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語