英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第134回 StoreとShopは同じ!? アメリカ英語とイギリス英語

異文化英語

第134回 StoreとShopは同じ!? アメリカ英語とイギリス英語

 「お店」はstoreなでしょうか、それとも、shopなでしょうか。最近ではいわゆるお店(小売店)のことを「ショップ」(「プ」のところがピッチが高い)という日本人(特に若者)も多いですよね。Storeとshopですが、結論から言うと、どちらも正しいのです。要はアメリカの英語かイギリスの英語かという問題です。アメリカではstore、イギリスではshopが普通です。ただ、flower shop(花屋さん)、 gift shop(ギフトショップ)などのように、アメリカでもshopを用いることはあります。イギリスでstoreというと、「倉庫」を指すことが多いようです。

 次の英語は何を表しているか、英語の単語ひとつで答えなさい、と聞かれたらどう答えますか。

‘An animal specially trained to help blind people.’
(目の不自由な人を援助するために訓練された動物)

 答えは「盲導犬」ですが、アメリカではa seeing eye dogで、イギリスではa guide dogです。英米でつづりの若干の相違は時々出てきますね。たとえば、color (colour), center (centre), program (programme), license (licence)、などです。以下に英米で語の異なる例をいくつか挙げてみましょう。

アメリカ英語
イギリス英語
意味
apartment
candy
cookie
fall
faucet
movies
pants
railroad
subway
vest
flat
sweet
biscuit
autumn
tap
films
trousers
railway
underground
waistcoat
アパート
甘いお菓子
クッキー

蛇口
映画
ズボン
鉄道
地下鉄
チョッキ、ベスト


[ワンポイント英語表現]
The word ‘candy’ refers to a particular crystallized sugar confection in British usage.
(キャンディという語は、イギリスの用法では、ある特定の砂糖漬けのお菓子(氷砂糖)を指します。)



御園和夫先生

Profile
御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。
著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語