英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第129回 ツナミ(津波)は世界語です。

第129回 ツナミ(津波)は世界語です。


  以前に、サケ(酒)、キモノ(着物)など、英語になった日本語の話しをしましたが、「ツナミ」(tsunami)が今年になって脚光を浴びました。それは、2004年の12月にインド洋沿岸諸地方でおきたツナミの被害によるものでした。ユネスコ(UNESCO)のホーム頁に次のような記事が掲載されていました。

  According to the latest estimates, nearly 300,000 people perished in the tsunami that hit coastal areas of the Indian Ocean in December 2004.UNESCO is currently working to create a global alert system to detect tusnami, which should be operational by June 2007.

(最近の見積もりによれば、30万人近い人がツナミで命を落とした。このツナミはインド洋沿岸地域を2004年12月に襲ったものである。・・・ユネスコは現在ツナミを予測する世界的な警戒システムを考えている。これは2007年までに作動することになっている。)

  なんともいたましい悲劇でした。新聞、テレビで何度も「ツナミ」が使われました。

  英語には、もともと、「ツ」で始まる言葉はありません。ですから、英米人はこの語がとても発音しにくいようです。「ツ」で始まる語はすべて外来語です。たとえば、熱帯アフリカに多く、眠り病などを媒介するハエはtsetse (ツェツイ) flyと言います。これなどは典型例です。

 

  音のつながりは言語ごとに異なります。日本語では語の頭で「ツ」で始まる単語はたくさんあり、かつ、言いにくいわけではありません。が、英語ではそうではないのです。皆さんが発音しにくいLとRの区別も同じことかもしれません。日本語ではどちらでも意味は変わりません。ラリルレロをra,ri,ru,re,ro,と言おうが、la,li,lu,le,loと言おうが同じ意味です。(もちろん、つづりは前者です。)でも、英語ではご承知の通り、rightとlightではまったく意味が異なります。文化が異なるように、音も言語によって異なるわけです。

 

[ワンポイント英語表現]
Do you think tsunami can be foreseen? (ツナミは予測できると思いますか)




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語